死亡やケガを定額補償

自動車保険では、相手方への損害を賠償する「対人賠償」や「対物賠償」が重要となります。

 
ただし最近は、無保険のクルマも増えてきており、万が一自分が交通事故に遭ってケガや死亡で損失を負ったとしても、自賠責保険部分しか下りない可能性もあります。

 

そうした場合を考え、自分自身への補償も検討する必要があります。
その代表が「搭乗者傷害」を補償する保険です。
この保険は、契約の対象車を運転中に事故に遭った場合、搭乗者の死傷を補償するものです。

 
ケガなどの傷害内容にかかわらず、契約に基づく定額補償となるのが特徴です。

 

亡くなった場合は契約額の満額が支払われ、ケガの場合は「定額日数払い」か「部位症状別払い」で支払われます。

 
定額払いであるため、治療内容や入院費用に関わらず支給されますが、大けがなどで多額の費用がかかった場合でも、契約内容の定額しか支払われないため、注意が必要です。

 

そのため、実損分をカバーする保険として、「人身傷害保険」も検討しましょう。
この保険は、死傷により生じた治療費や入院費だけではなく、逸失利益(生きていたら将来得られたはずの利益)分までカバーしてくれます。

 
遺された家族への補償を考えると、加入しておく価値はあります。

 
ただし、その分保険料が上がるため、補償内容とのバランスを考えつつ検討しましょう。