死亡保険金

死亡保険金をしては1000万円が一般的です。契約時に保険金の額を選ぶことができその額で、保険の掛け金が変わるようになっています。搭乗者保険は対人賠償保険や自賠責保険あるいは自身賠償保険などとは独立して、自動車に乗っていた人全員の傷害、後遺症、死亡を補償する保険で、他の保険とは過失の有無に関係なく支払われます。また他の保険の賠償金額と重なった場合も関係なく支払われます。その為保障金の額はあまり大きくはないのです。

 

死亡した場合でも1000万円が普通でこれは対人賠償保険が無制限が普通なのと比べると大変少ない様にに思われますが、対人賠償が自賠責保険で不足している分だけを保障する保険で実際にいくら支払うかは事故によって変わってくる保険であるのです。これは人身傷害保険もそうです。しかし搭乗者保険は事故の状況にかかわらず、基本的にはどんな事故で誰に責任があるかは関係なく一定の保証金が支払われます。

 

そういう意味では他の保険とはまったく違う性格の保険といえます。その為任意保険を安くしようと工夫するときにまず第一に外されることを考慮される保険です。しかし事故の責任の所在にかかわらず、過失割合にかかわらずに基本的に全額を支払われるという特性は安心感を与えてくれます。