自賠責保険が支払い済でも補償される

任意保険の保険の中で一風変わった保険です。

 

この保険以外の保険は、どの保険も損害額と過失割合から賠償金額を決めその

 

賠償金をより基本的な保険から順番に満たすように払われます。

 

たとえば一般的な事故の場合まず加害者の自賠責保険から支払われます。

 

それでも足りない分を同じく加害者の対人賠償保険から支払います。更に過失割合で減額された分を人身障害賠償保険で満額にすることが出来ます。

 

しかしこの搭乗者保険は事故の内容にたいして搭乗者全員に過失の割合や加害者、被害者の関係もなく常に満額支払われる保険です。

 

また自賠責保険などで賠償金を受け取って補償されている場合でもそのことと関係なく満額支払われます。

 

つまり他の保険が被害額を審査して更に過失割合を考えて保障する保険であるのとは違って、事故の原因にかかわらず人身事故が起きれば定額支払われるという保険なのです。

 

ただしその保険金額は最初に決めた金額に応じて決まり、損害額とは関係なく決まっていて定額です。

 

一般的には死亡事故で1000万円という掛け金が多く他の保険にくらべると少ない物です。

 

しかし他の保険金を受け取っているかどうかと関係なく支払われる保険ですので、他の保険の賠償に上乗せできる見舞金のようなものです。