医療保険金

自動車には必ず加入しなければならない保険として自賠責保険があります。

 

しかし、この保険は最低限の補償しかしてくれないためこれだけでは事故による

 

死傷や損害に対してとても安心できるものではありません。そこで任意の自動車

 

保険に加入し、自賠責保険の足りない部分をカバーすることになります。

 

例えば、搭乗者がケガをした場合、自賠責保険からは120万円までしか出ませ

 

ん。しかし、任意の自動車保険の中にある搭乗者傷害補償がついていれば、入院

 

や通院等のケガの具合に応じて医療保険金が支払われます。

 

また、この保険金は自賠責保険の場合は運転車は対象外でしたが、これは運転

 

車も対象となるため非常に有効な補償となります。

 

保険会社により補償する内容は異なってきますが、基本的に共通するものとして

 

部位、症状ごと、治療にかかる日数によって定額で支払われるというところです。

 

例えば、軽い物で上肢の打撲、捻挫、挫傷、擦過傷は5万円程度になります。

 

重いものでは頭部や脊髄の神経損傷や断裂などでは100万円程度になります。

 

他に共通するところは事故の発生日から180日以内生じたものが対象となるた

 

め、それ以後に何らかの症状が出たと訴えても、対象とはならないため注意が必

 

要です。