幅広く有意義な補償内容

保険と契約している自動車に搭乗されている方が自動車事故で怪我や死亡された

 

場合に、補償される保険があります。ここの搭乗者というのは、運転者本人と同乗

 

している方となります。補償内容としては、死亡保険金は事故が発生した日から

 

180日以内に、死亡された場合が対象となります。死亡した方1名につき保険金が

 

支払われる仕組みになっています。シートベルトを着用していたのにもかかわら

 

ず、死亡してしまった場合は、契約保険金に25%~30%上乗せされることがありま

 

す。保険証券記載の保険金額全額が支払われることになります。次に医療保険

 

金です。事故により負った怪我の治療で、入院することになったとき、1日あたり

 

15000円まで補償されます。通院の場合は、1日あたり10000円の補償があるタ

 

イプと、怪我の状態や程度、箇所により、細かく決められた保険金が支払われるタ

 

イプが存在します。後遺障害保険金は、事故が発生した日から180日以内に、事

 

故が原因となって後遺障害が発生した場合に支払われます。後遺障害の症状の

 

違いによって、一定の割合の保険金が支払われることになります。後遺障害が重

 

症で介護を必要とする場合は、契約金額に上乗せされることが多いです。