搭乗者傷害保険の必要性

任意の自動車保険にてつける補償のうち、搭乗者傷害保険というものがあります。

 

これは被保険者の自動車が事故にあった時に死傷した場合、自動車に搭乗して

 

いるもの全てに契約した保険金額を限度に一定額の保険金が支払われる制度の

 

ことです。この補償の必要性として他の搭乗者がケガをした場合、治療費を全額

 

弁償しなくてもよいため自分を含め他の搭乗者への安心にもつながっていくた

 

め、この保険をつける必要性は高いと考えられます。またこの保険は相手からの

 

賠償に関係なく、すぐに振込まれるのも利点になります。

 

また、この保険は国の補償事業により行われているため、使ったとしても翌年の保

 

険料には影響してきません。ただし、気をつけなくてはならないことにこちらから

 

請求しないと払われないことがあります。また、契約車両以外での事故では当然

 

支払われませんし、歩行や自転車等が関わる自動車事故でも対象外となります。

 

他にも暴走運転やトラックの荷台に乗っていた等の違法行為によるケガでは支払

 

われません。ちなみに、契約車両以外の事故や歩行、自転車等の事故を補償し

 

てくれる人身傷害保険というのも存在しています。ただし、保険料が上がることが

 

欠点となります。

 

 

019807